10倍になるとはどういうことか?KURONURIのリブランディング!

おすすめのサービス

以前の投稿で、【LIMOトークンを10倍の価値にする方法】をお伝えしました。

以前の投稿

10倍になるとはどういうことか、シンプルに資産が10倍になるということでしょうか?

今回の記事では【10倍の価値】について、より詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

結論:資産が10倍以上になる可能性が高いです。

【LIMOトークンを10倍の価値にする方法】を簡単におさらいしておきます。

KURONURIのリブランディングに伴い、LIMOトークンはLIMOSトークンと名称を変え生まれ変わります。←重要

そしてリブランディングに伴うセールとして、権利確定日にLIMOコイン保有していると、1LIMOトークンあたり10LIMOSトークンが貰えます。

保有者の手続きは不要で、自動的に切り替わります。

資産が10倍になるための条件

資産が10倍になるためには、LIMOトークンとLIMOSトークンの価値が等しくある必要がありますね。(LIMOSトークン自体の価値が低ければ資産が10倍にはなりません。)

LIMOSトークンの価値を保証する情報が、LIMOの権利確定日の終値価格でLIMOSがスタートする予定だというもの。

ここまでは分かりやすい話でした。

今回はここからが本題

10倍以上になる可能性

10倍以上になる可能性が高いとは、どうゆうことでしょうか。

LIMOのリブランディングが実施される日程は誰にも明かされませんが、実施の一ヶ月前に告知されることになっています。

告知から実施までの一ヶ月間、LIMOの価格はどのように動くでしょうか?

一ヶ月後に10倍の価値になるトークンはみんな欲しい

一ヶ月後に10倍の価値になるトークンだったら、みんな欲しくなりますよね?

供給よりも需要が上回れば価格はあがります。

この一ヶ月の間に価格が10倍になるとのシミュレーションもあります。

例えば1LIMOを3000円で購入したとして、一ヶ月後の権利確定日に1LIMOの価値が30,000円に上昇、それが10LIMOSに切り替わったら300,000円の資産になります。

すなわち100倍の資産です!

夢がありますね!

価格上昇はシミュレーション上の話で、利益を保証するものではありません。

しかし話はまだ終わりません。

実際LIMOSトークンの付与は上場してから10日後

実際LIMOSトークンが付与されるのは、手続きの関係で上場してから10日後になる予定です。

この10日間でLIMOSトークンの価格はどのように動くでしょうか?

一般的に仮想通貨が上場したら、価格は上がる傾向にあります。

上場することで多くの人が認知し、多くの人が取引できる状態になるからです。

全ての仮想通貨が上場時に価格が上がるわけではありませんので、価格が上がる仮想通貨を見極める3つポイントからLIMOSトークンを検証してみたいと思います。

 ポイント1、仮想通貨自体の価値を分析する

重要なのはトークンの性能です。

LIMOSトークンは送金手数料が無料、0.00001円から送金が可能であることから実用通貨としての高い性能を示しています。

ポイント2、開発体制が整っているかチェックする

使用用途が明確で、実用化に向けた開発体制が整っている仮想通貨は価格が上がっていく傾向にあります。

LIMOSトークンはKURONURIサービスの決済に使用することで、一部のサービスを除き50%offで利用することができます。

KURONURIサービスの認知があがっていくことで、LIMOSの価値も上がっていくことでしょう。

KURONURIのサービス詳細はこちらから

ポイント3、詐欺案件でないかチェックする

言わずもがな万一詐欺案件を掴まされてしまうと、手に入れた仮想通貨は無価値なものになってしまいます。

LIMOSは、LIMOとして既に実績のあるトークンなので心配ありません。

LIMOSは価格が上がる条件を満たしています。

上場してからトークンが付与される10日間で価格が上昇すれば、さらに多くの資産を手にすることができます!

まとめ

ご承知かと思いますが、投資に絶対はありません。

とくに仮想通貨は情報が日々更新され、値動きも激しいため、生活に支障が出ない程度の余剰資金で取引するようにしてくださいね。

LIMOはBitstablesと言う取引所で上場しています。

https://www.bitstables.com/#/exchange?id=LIMO_USDT

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました