10倍の凄さ!KURONURIのリブランディング!

投資について

以前にKURONURIが新たにローンチする暗号資産LIMOSの記事を投稿しましたが、その続編です!

前回の記事
https://boxwine.blog/?p=329

スポンサーリンク

10倍の凄さ!

改めてKURONURIのことをおさらいしておきます。

KURONURIとは

KURONURIが展開しているサービスは【高級自動車及び原動車両配車サービス】です。

原動車両は【エンジンが付いている車両】のことです。

スマホで手軽に配車手配が可能で、予約も不要です。

日本でもお馴染みになりましたウーバーと似ているサービスですが、KURONURIの特徴は配車できる車種のジャンルが広いこと。
農業重機から、なんとあのロールスロイスまで配車が可能です。

そんな便利なKURONURIを50%off(一部のサービスを除く)で利用できる方法があります。

それはKURONURIが自社で発行している暗号資産【LIMOトークン】を使って決済することです。

ウーバーと同様にKURONURIサービスが世間に広まると【LIMOトークン】の価値が上昇することは想像しやすいと思います。

LIMOトークンを10倍の価値にする方法

今回の本題はこちら。

KURONURIのリブランディングに伴い、LIMOトークンはLIMOSトークンと名称を変え生まれ変わります。←重要

そしてリブランディングに伴うセールとして、権利確定日にLIMOコイン保有していると、1LIMOトークンあたり10LIMOSのトークンが貰えます。(自動的に切り替わります)

LIMOSトークンは LIMOトークンと同等の価値を持ちますので、単純に資産価値が10倍になると考えられます。

権利確定日は誰にも公開されていません。関係者さえも知りません。CEOがTwitterでツイートして初めて知らされるとのこと!

権利確定日は1ヶ月前に告知

権利確定日の発表は予告なくされるとのことですが、1ヶ月前の告知が通例です。

権利確定日が告知された暁には、情報を得た投資家たちはLIMOを大量に購入すると考えられ、LIMOの高騰が予想されます。

極端な話、権利確定日の前日にLIMOコインを買えば翌日に10倍になる訳ですから。

すなわち、権利確定日が告知される前にLIMOコインを買っておくと、高騰した後の価格で10倍のLIMOSコインを手に入れられる可能性があります。

(あくまでシミュレーション上の話で、利益を確約する情報ではありません。)

より資産価値を確かなものにする情報

LIMOSは権利確定日に複数の取引所に上場する予定ですが、LIMOの権利確定日の終値価格でスタートする予定です。

10倍エアードロップの権利確定日がLIMOSの上場スタート日。権利確定後はLIMOは上場廃止になるので、LIMOSの配布まで(およそ1ケ月程度)はLIMOSの価格が下がるリスクが極めて少ないです。

ユーザーの不安を先回りで解消する、今までにない試みです!

超一流ブロックチェーンエンジニアがプロジェクトに参加

暗号資産自体は安全性が高いものと言われていますが、万一トラブルが起きた場合の保証はないという不安はあります。

その不安を拭う情報のひとつとしてこのプロジェクトには、アクシーディセントランドに携わっていた超一流ブロックチェーンエンジニアがメンバーにいることが公表されています。

アクシー:ブロックチェーン上に構築された暗号資産(トークン)が稼げるゲームとして最も人気のあるDApps(分散型アプリ)の1つ。

ディセントランド:メタバースの仮想現実空間(VR)のプラットフォームの中でも最も有名だと言われています。

 

投資は余剰資金で

投資に絶対はありません。

とくに暗号資産は値動きが激しいため、生活に支障が出ない程度の余剰資金で取引することをおすすめします。

LIMOはBitstablesと言う取引所で上場しています。

https://www.bitstables.com/#/exchange?id=LIMO_USDT

コメント

タイトルとURLをコピーしました