「セルフ写真館」CUTECHERRY STUDIOを調べてみました!

おすすめのサービス

PRTIMESでセルフ写真館の記事を見ました!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000053855.html

「セルフ写真館」のワードは耳馴染みが良いので、なんとなく知っていたような気がしましたが、冷静に考えてみたらどんなものか分かりませんでした(^_^;)。

調べてみました。

スポンサーリンク

セルフ写真館とは

「セルフ写真館」は、写真スタジオでありながらカメラマンがいません。
利用者が自分のタイミングでセルフシャッターを押し、自由に好きな写真が撮れるサービスです。

撮影のセッティングが済むとスタッフさんは退室。
その後は、利用者だけのプライベート空間になります。
友達同士やご家族だけで人の目を気にすること無く自由に写真撮影ができます。

もちろんスタッフさん自体は常駐しているので、機材で困ったことがあったり、セッティングを変更したいときなどは、スタッフさんをが呼べば対応してくれます。

発祥は韓国

セルフ写真は韓国発祥の新しいサービスです。
2020年2月頃から韓国で流行りはじめ、2021年に入ってから日本でも店舗が増えはじめました。

2020年2月と言えばコロナウイルスが流行り始めた頃。
コロナに関しては現在よりも情報が少なく不安が多かった時期です。
店員さんと接触する機会が少ない、個室で安心、といったメリットも、人気を後押しする理由になりました。

モノクロ写真が人気

そんなセルフ写真館、特に人気の撮影方法はモノクロでの撮影だそうです。
アプリなどで派手に盛った写真のトレンドが一段落し、最近は敢えてナチュラルにありのままの自分たちを映す自然な写真が人気だそうです。

ファッション雑誌の表紙にモノクロ写真が使われていたりして、あのクールな雰囲気に憧れを抱きます。

モノクロ写真の特徴のひとつは「色が無いことによって被写体のフォルムに集中させる効果」です。
カラー写真よりもテーマ性や構図が注目されることになり、その奥深さを楽しめます。

CUTECHERRY STUDIO

より具体的な情報を求めて、テレビでも紹介されたこちらのショップのウェブサイトを見てみました。

CUTECHERRY STUDIO 大阪心斎橋アメリカ村店
https://self-photo-studio.com/

中高生が気軽に利用できる

写真館によってそれぞれ特徴がありますが、CUTECHERRY STUDIO大阪心斎橋アメリカ村店は中高生でも気軽に利用できる雰囲気です!

価格帯も低めに設定されています。(地域最安値とのこと!)

顧客は女性が9割、カップルの場合は男性の利用も可能とのことなので、プリクラを一歩進化させた現代版サービスといったところでしょうか。

プリクラよりも本格的で高画質な写真は、依然人気の高いTikTokやInstagramなどのSNSに投稿して楽しめます。

韓国服が借りられる

ここならではのサービスで面白いと思ったのは、韓国服貸出サービスです。

セルフ写真館発祥の韓国の雰囲気で撮影できるのは良いですね!
チャイナドレスは一般的ですが、意外と韓国服を着れる機会は少ないですし。

韓国服だけに限らず、流行のアイテムや制服、メイド服など多数取り揃えられているようです。

家族写真にもおすすめ

ウェブサイトを見ていると、乳幼児と一緒の写真が掲載されていました。

親としては、自分の子供の写真を節目節目で残しておきたいものですが、プロのカメラマンに撮影を頼むと決して料金は安くありません。

また特に0歳〜3歳くらいの子供と撮影する場合は、子供がスタッフさんになかなか馴染めず、機嫌が安定しない場合もよくあります。

そんな場合にもセルフ写真館は使いやすいと思いました!

まとめ

セルフ写真館は、アイデア次第で人それぞれ便利な使い方がありそうです。

私自身としては、家族写真利用に興味を持ちました!
従来型の写真館では、カメラマンさんに笑顔やポーズをリクエストされるのが苦手なのもあり(^_^;)。

写真の撮り方の選択肢のひとつに加えます!

【今回調べてみたお店】
CUTECHERRY STUDIO
大阪心斎橋アメリカ村店
〒542-0086
大阪府大阪市中央区
西心斎橋2丁目1−18 オーパスワンビル1F
https://self-photo-studio.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました